しがなさが溢れていく

自己顕示欲に向き合うタイプのブログです

【MHW】放射型ガンランスの紹介

拡散型ガンランスも、通常型フルバースト特化ガンランスの紹介もしてしまった以上、放射型ガンランスの紹介もしなければならないような気がしたので、今回は放射型ガンランスの紹介だ。放射型は生産武器にも、ガイラ武器にもLv4が存在する武器だ。

火力特化がなぎ払いやフルバースト型、恒常火力が拡散型としたら、放射型はどんな立ち位置になるのか。出尽くした意見と、意外と注目されていない僕なりの意見をセットで書いていこうと思う。

 

フルバースト特化と拡散型はこちらから

www.sqexatkai.com

www.sqexatkai.com

 

 

放射型の特徴

放射型ガンランスと言えば百均砲とまで呼ばれた溜め砲撃特化マグラハトが有名だが、放射型はロマンがある。これはガンランスが火力とか扱いやすさだけではない魅力があるからだと思っている。

 

注目される溜め砲撃の威力

通常型がフルバースト、拡散型が竜撃砲と単発砲撃火力の武器とするなら、やはり放射型は溜め砲撃が際立っている。通常型Lv4が砲術Lv3込みで通常砲撃が30に対して溜め砲撃が47、拡散型は62に対して87であるが、放射型は通常が45に対して溜め砲撃は100である。簡単に考えるのなら、溜め砲撃をどこにでも良いから数十回当てれば狩猟が完了することになる。

特にゾラ・マグダラオスの排熱機関に延々と溜め砲撃を当てることで狩猟時間を短縮する動画は有名だと思う。また、放射型は砲撃の射程自体も長めなためそもそも当てやすく、溜め砲撃特化はかなり現実的な戦術と言える。

 

また、砲撃特化にする場合は必須スキルは砲術Lv3と集中Lv3、切れ味ケアのみで良く、極めてスキル自由度が高い。もちろん武器種全体で見た場合は火力は高いとは言えないが、現実的な火力と高い生存能力を兼ね備えた装備を容易に作ることが出来る。特に調査クエストのミスが許されない状況下では頼れる装備なると思う。

 

特化型だけではない、万能性

放射型は溜め砲撃があまりにも有名な一方で、何をやらせても二番目に高い火力が出る砲撃タイプでもある。砲撃の単発威力では通常と拡散の間の値だし、フルバーストも装填数UPを組み込めばと元の砲撃火力のおかげで、通常型の9割ぐらいの火力が出る。斬撃特化向きなイビルジョーのガンランスも放射Lv3でトップクラスの斬撃火力だ。

そういったわけで、放射型はガンランスのほぼ全ての技を使いこなせる砲撃タイプとも言える。MH2登場時は本当に砲撃と突き、竜撃砲しかなかったガンランスも作品を経るごとに多種多様な技を獲得した。こういった進歩を感じつつ、それぞれが本当に良いモーションをしているのがガンランスの魅力だと思う。

 

強さだけではないガンランスの魅力

バカでかい盾に、バカでかい槍。そしてその槍は炎の弾丸を放つ。数々の仰々しいモーションを引き下げ、今作ではパイルバンカーすらも獲得した。この武器が格好良いと思う人は少なくないはずだ。もちろんMHWに限らず、モンハンは武器ごとに魅力を作ることに注力しているシリーズだと思う(もちろん失敗も数多くあるのだが)。

そんな魅力ある武器種の中で、ガンランスは何よりも浪漫がある武器だ。最近はスラッシュアックスやチャージアックスと言った変形や合体を魅せる対抗馬も生まれてきたが、言わばミリタリー路線浪漫を引っさげているのはガンランスな気がする。竜撃砲や竜杭砲の後隙にモンスターにふっ飛ばされても、それで怯みを作れる日を待ち遠しくクエストに赴く、火力という数値で語れるのとは違った強さを楽しめると思う。

 

代表的な放射型武器

せっかくなので、砲撃レベルLv4の武器を2つほど紹介する。

 

驚天動地マグラハト

発売当初の2つしかなかった砲撃レベルLv4のうちの一つ。匠でも斬れ味青まで、地味ながら足を引っ張る会心率-10%やレア度8故の1つだけのカスタム強化枠など、極めて高い爆破属性値以外は歯がゆい性能。一方で、当初から溜め砲撃の威力が100という点において一線を画していたのも事実で、溜め砲撃特化に向いている武器と言えるだろう。

 

f:id:sqexatkai:20181110211951j:plain

 

その一方で、緑ゲージも心もとなく、斬れ味が黄色になってしまうと砲撃の威力が落ちてしまうため、何らかの斬れ味補強手段は用意しておきたい。ただ、ガイラ武器に頼らずに砲撃レベルLv4なため、とりあえず砲撃特化をやってみる分にはおすすめの武器だ。

 

ガイラバスター王

マムタロトの鑑定武器の当たりの一つとされている武器。青ゲージもそこそこ長いが、特に緑+青の長さは驚異的で、砲撃特化をこなすことも出来る。また、レア度も7のためカスタム強化の枠がそこそこ、斬撃火力もあると万能選手である。

 

f:id:sqexatkai:20181110214854j:plain

 

攻撃力も低めに見えるが、会心率込みでは実質434.7とガイラ水や睡眠の437と大差がない。砲術を用いるガンランスは会心率が飽和状態になることが少ないのもこれを後押ししている。非常に惜しい点として、匠を使用しても斬れ味が青止まりなため、匠よりは業物や砥石高速化のみでの運用が向いているような気がする。

 

おすすめスキル

 本当になんでも出来る砲撃タイプなので、今まで紹介した記事と被る部分が多い。唯一違う点としては集中だろうか。もちろん各種汎用スキルはお好みでどうぞ。

 

集中

集中には溜め砲撃の溜め時間を短縮する効果がある。集中は対象となる物が多すぎて、ガンランスへの効果はスキル説明文には書かれていない。ダマスクβシリーズの胴と腰がガンランスの必要なスキルに多い【1】スロットを3つ備えながら集中のスキルポイントを持つためかなり相性が良い。

特に溜め砲撃特化型では必須レベル、どうせなら溜め砲撃を使ってみたいと思うならそこまで重くないのでつけてみることをおすすめする。実は装飾品がレア8なので、装備で揃えるほうが楽だろう。

 

ガード性能または回避性能

何をしても良い場合、ガンランスはガードをしても強いし、回避型にしても強い。特に溜め砲撃の溜め時間中はステップが割り込めるので、回避性能と相性が良い。ガード性能も回避性能もどうせ付けるのならLv3以上が良いだろう。

 

砲術Lv3

ここまでガンランスの記事を書いたので、言わずと知れた必須スキル、とだけ書いておくことにする。

 

装填数UP

前述したとおり、装填数UPをつければ放射型のフルバーストは実用圏内の威力になる。特に個人的に大好きな突き×3→砲撃→溜め砲撃→クイックリロード→叩きつけ→なぎ払い→フルバースト→竜杭砲→竜撃砲の全技を見せつけるロマンコンボの威力が一番高いのは放射型だと思う(中断率がとても高い)。

純粋に砲撃を2発セットで撃つことが多いため4発になるのは便利。溜め砲撃特化でもリロードの頻度が減るため、余力があればつけておいて間違いないだろう。

 

斬れ味補強スキル

こちらも今更書く必要は無いが、一分間好き放題やりたいのなら剛刃研磨、そうでないなら業物やそもそも青ゲージの長い武器を使うなどすることが出来ると思う。特にガイラ武器で優秀とされるガイラバスター王はかなり長い青ゲージを持つため、砥石高速化だけでも十分戦えると思う。

 

斬撃強化スキル

ここまで書いたように、放射型ガンランスはかなりスキルを自由に設定できる一方で、何でもやろうとすると斬撃部分に回るスキルが少ない。実際に斬撃部分を活かすとするなら、ダウン中の薙ぎ払い連携だと思うので、弱点特効あたりが用途にあっていると思う。他にも匠による斬れ味上昇と剛刃研磨を組み合わせて多目的な火力スキルとしたりなど、色々考えるのが楽しいと思う。

 

おわりに

一応これまでの記事で各種砲撃タイプの紹介と、スキルの紹介が揃うことになる。あとは薙ぎ払い特化という砲撃をしない、ガンランスとはかけ離れた構成があるが、それはかなりTAや狩り慣れたモンスター向けなので(たぶん)紹介することは無い。

どの砲撃タイプにもそれぞれの魅力があるので、使ってみて気に入るものがあればと思う。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

質問・要望はこちらから

marshmallow-qa.com