しがなさが溢れていく

自己顕示欲に向き合うタイプのブログです

【MHRise】弓と弾導強化

モンスターハンターシリーズにおいて、特にMHWより前の作品では、ガンナーで射程を把握するというのは重要な要素の一つだった。というのも、やけに適正距離の範囲が狭い上に、射程内では1.5倍の補正がかかる仕様だったからだ。

ライズを含むMHW以降の作品では、遠すぎ以外での威力の差は小さくなったが、適正距離から外れると火力が下がってしまう仕様は残っている。MHWでは剛射で拡散矢が出ていた関係から、近距離運用が主力であったこともあり、弾道強化は連射矢の近すぎ補正を回避するだけのスキルだったが、ライズではその限りではない。

特に接撃ビン装着時は遠すぎた場合では1ダメージ程度しか出ないこともあり、弾道強化によって射程を延長することは火力増強に繋がるかもしれない。そこで、本記事では弾道強化の効果を計測したのち、その有用性について議論していく。

 

 

弾道強化の効果について

計測方法

修練場のからくり蛙に対して武器を構えたときの円の色が変化する距離を計測した。明確な目印が存在しないため、踏み込み距離が短いバックステップの回数を単位とした。そのため、バックステップ1回分よりも細かい射程距離の変化は計測データとしては確認できないことに注意したい。

照準の色が濃くなった(射程内に入った)ときのバックステップの回数と、照準の色が薄くなった(射程から外れた)ときのバックステップの回数を記録した。

 

連射矢
  • Lv0 通常:1~6 接撃:0~5
  • Lv1 通常:1~7 接撃:0~6
  • Lv2 通常:1~8 接撃:0~6
  • Lv3 通常:1~8 接撃:0~7

MHWの弾道強化では至近距離も射程内に出来たが、本作の弾道強化では密着状態を射程内にできない

 

拡散矢
  • Lv0 通常:0~4 接撃:0~4
  • Lv1 通常:0~5 接撃:0~5
  • Lv2 通常:0~5 接撃:0~5
  • Lv3 通常:0~5 接撃:0~5

拡散矢では接撃ビンの有無によって射程はほとんど変化しない。もちろん、矢が消失する距離はやや変わるが、本質的な威力部分で言えばやはり密着状態が推奨されるだろう。

 

貫通矢
  • Lv0 通常:4~10 接撃:0~6
  • Lv1 通常:3~10 接撃:0~6
  • Lv2 通常:3~10 接撃:0~6
  • Lv3 通常:3~11 接撃:0~7

貫通矢の運用では最終ヒット部分まで適正距離に捉えることが重要なので、接撃ビン装着時において以下の2つについても計測を行った。

  • バックステップ5回時の適正ヒット数
    Lv0:1回
    Lv1:1回
    Lv2:2回
    Lv3:3回
  • 適正5hitのバックステップ範囲
    Lv0:1~3
    Lv1:1~3
    Lv2:1~3
    Lv3:1~4

なお、密着状態では何故か4hitになってしまうため、計測結果はバックステップ1回からを5hitの範囲としている。

 

弾導強化の運用について

接撃ビン時の立ち回り補助

弓の運用において射程距離を特に意識するのは、接撃ビンを装着したときの射程変化だろう。計測結果を見てもらえばわかるが、連射矢では、弾導強化Lv1によって射程距離の変化による違和感を減らすことができる

逆に拡散矢では、そもそも接撃ビン装着時の射程がほとんど変化しないため、この目的での採用はほぼ無意味だろう。

 

貫通矢においてはそもそもの射程が大幅にシフトするので、弾導強化の採用程度では立ち回り補助にはならない。もし、接撃ビンを使うことで貫通矢が常に射程外になってしまうような立ち回りであれば、1.2倍効果を考えても接撃ビンを使用しないという選択のほうがよっぽど火力に貢献すると言えるだろう。

ちなみに、近すぎる補正のかかった強撃ビンは、1.35*0.8で1.08倍となり接撃ビン以下の補正になるので、貫通矢は強撃ビンと接撃ビンで2パターンの立ち回りを持つべきとも言えるだろう。

 

貫通矢の火力増強

特に接撃ビンを使用しているときの貫通矢では、後半のhit部分が射程外になってしまいがちである。後半までしっかりとダメージが出る、本当の意味で適正距離に収めるには、弾導強化込みでも連射矢より近い距離で立ち回る必要がある

接撃ビン装着時は、遠すぎ補正がより厳しくなるため、弾導強化の採用はダメージの取りこぼしを防ぐ効果はある。しかしながら、弾導強化のおかげで火力が増えたと明確に実感するほど射程は伸びないので、立ち回りを見直す方が優先だと考えている。

 

まとめ

本記事ではライズの弓における弾導強化について、効果の計測を行い、その運用について考察してきた。

計測結果から、MHWのような連射矢の密着状態の火力増強目的での運用は難しいことがわかった。一方で、連射矢においては、接撃ビン装着時での立ち回りの変化を防ぐ効果があることも確認した。

一方で、拡散矢では若干射程が伸びる程度の効果しかない。また、貫通矢ではスキルというよりは接撃ビンを装着するか否かの方が重要であることもわかった。

 

今回はここまで。お読みいただきありがとうございました。

 

質問・要望はこちらから

marshmallow-qa.com