しがなさが溢れていく

自己顕示欲に向き合うタイプのブログです

【MHW】弓装備の組み方解説/装備紹介

弓の武器紹介の記事に関してはMHW最終版を出したので、属性ごとに装備紹介をしようかなと思った。ただ、個人的に「この装備が強いので使いましょう」、というのはあまり好きではない。しかし、装備例がないのもなんだかなぁという気がするのも事実なので、今回は装備の組み方をまず紹介し、その後に雛形となる装備を紹介しようと思う。

普段僕が弓に限らずやっていることだが、弓は欲しいスキルの種類が沢山あるので、優先順位の付け方が難しい。そういうわけで、ビルドガイドみたいなものを書けたらと思う。

 

参考になると思われる過去記事はこちらから。

 

www.sqexatkai.com

 

www.sqexatkai.com

 

 

ビルドガイド

僕はかなりの数の弓装備を組んできているので、まあこんなところでしょう、と適当に設定しそれっぽいのが出てきて採用、みたいのが多い。しかしここでは弓を使い始めた人のために順を追って解説する。

 

まずはスタミナスキルの調整から

もし僕の他の弓解説記事を既に読んだことがある人なら、弓はスタミナを燃料にして戦う武器、という文言を見たことがあると思う。そういうわけで、装飾品の不足がない限りは、スタミナスキルをまず先に調整すべきだ。

 

www.sqexatkai.com

 

しかし、具体的にどの程度スタミナスキルに割けばよいのか、という部分に関しては個人の好みと立ち回りの完成度によってかなり上下する部分だと思う。そこで、個人的におすすめな構成をスキルの少ない順に列挙する。

  • 体術Lv1 + スタミナ急速回復Lv1(強走薬+ネコの体術前提)
  • 体術Lv3(強走薬前提)
  • 体術Lv5(特に何も使用しない場合)
  • 体術Lv4 + スタミナ急速回復Lv2(防具や装飾品の解禁具合によって)
  • 体術Lv5 + スタミナ急速回復任意Lv(体術Lv5で物足りないと感じた時)

といった具合だ。最後のケースを除けば、実際の効果として体術Lv5相当で立ち回る事ができる。上2つは物資的な消耗が激しい装備だが、全てを火力に回すようなタイムアタックをしたい時はもちろん、歴戦王やベヒーモスといった高難易度クエストで生存スキルを確保したい時などに役立つので、選択肢の一つだ。

また、体術4+スタ急2は主にγ装備が仕上がっていない時にオーグβを用いる場合に検討する組み合わせ。これで体術Lv5相当の効果を得ることが出来る。

 

スタミナ上限解放は?と思う人もいるとは思うのだけれど、わざわざ装備の候補を絞ってまで導入するスキルではないと僕は考えている。

 

www.sqexatkai.com

 

生存スキルを決める

説明文ではガンナーは属性防御力が上昇とかいてあるが、そもそもこのゲームは物理防御力がものを言うゲームであり、強力な攻撃は大体物理攻撃であるため、ガンナーの体力は非常に儚い。必要スキルが多い弓であっても、γ装備追加あたりから生存スキルが組み込みやすくなったため、必要な場合は生存スキルを組み込むのが良い。僕がおすすめするのは以下のスキルだ。

  • 体力増強Lv3(対歴戦王ネルギガンテなど)
  • 回避性能Lv3 or Lv5(多くのモンスター)
  • 耳栓Lv5(テオやクシャの歴戦王等)

体力増強に関して注意してほしいのは、ガンナーの場合、体力増強をつけていても強力な攻撃に連続して当たると体力が0になるため、即死しない場合は無駄になりやすいということだ。ベヒーモスあたりが顕著で、大体の攻撃で130前後削れてしまうので、体力増強の有無に関係なく回復を成功させなければならない。

一方で、歴戦王ネルギガンテは新モーションで体力が180ぐらい削れる上に比較的当たりやすい攻撃というのもあって、全て避ける自信がない限りつけていったほうが良いとも言える。

 

僕が一番使うのは回避性能で、弓がそもそも攻撃の中に回避行動を組み込む武器であることもあって、非常に相性が良い。また、耳栓も、体力増強も、と生存スキルを盛り込むと最低限欲しい火力スキルを入れる余裕がないのも理由の一つだ。

ここに挙げたもの以外にも、歴戦王ヴァルハザク相手の瘴気耐性や、歴戦王ゼノジーヴァ相手の耐震など、モンスターごとに特別な生存スキルがほしい欲しい時は忘れずに盛り込みたい。

 

必須火力スキル達

スキル解説のときにも若干触れてはいたが、火力スキルを重要度の高い順に入れていく。ここで紹介するのはほぼ間違いなく他のスキルを入れるよりも効果が高いであろうスキルだ。

  • 弱点特効Lv3(一部の例外を除いて確実に採用)
  • 溜め段階開放Lv1(装飾品を持っている場合は絶対に採用)

弱点特効は、マムタロトの黄金を狙う場合やソロで通常個体のネルギガンテを討伐するといった、肉質的に弱点特効が発動しない相手を除けば極めて高い効果で火力上昇に貢献するスキル。属性火力を高めるためにも重要なスキルであるため、導入しない理由はほとんどない。

溜め段階開放は、溜め4の開放により平均火力を1.1倍程度高める強力スキル。連携すらも変わるスキルであるため、強弓珠を持っている場合は入れるだけで狩猟時間が短縮される驚異的なスキルだ。

 

属性関連スキルは?と思わるかもしれないけど、強力な防具を手に入れるために不完全な装備で生存スキルを両立したい場合は、入れることが叶わないことがあるのでここには記述していない。

 

さらなる火力スキル達

追加で火力を高める時に役立つスキルを列挙していく。

 

まずは属性攻撃強化と属性会心だ。この2つをそこそこの属性値の武器に導入するだけで、属性火力と物理火力が同じぐらいになり、結果的に火力が1.5倍ぐらいになる。弱点特効で会心率を50%以上が達成できている場合は問答無用で導入するべきだろう。

 

次手で強力なスキル……が難しい判断基準となる。通常矢強化と剛射強化(矢強化スキル)、超会心、または見切りの3種類がある。もし無属性弓であれば、この順で優先すべきだと思うのだが、弓は属性火力との兼ね合いがあるので話がややこしくなる。 

 

 

ややこしい話(クリックで展開)

属性火力を考えれば、会心率を高める方向で装備を作りたいが、見切りを高いレベルで実現するためにはカイザーγで装備が固定される、もしくは大量の1スロットが要求される。

基本的に1.1倍の上昇値を誇る矢強化スキルは優先したいが、3スロットであり装備が限られること、それに加えて高い会心率を実現している場合は超会心の方が高い効果を持ちうること(補正の関係で高会心率下では両方の矢強化よりも超会心Lv2の方が効率が良い場合がある)から優劣がつけ難い。

超会心は見切りによる属性火力の上昇と物理火力の上昇や矢強化スキルとの兼ね合いがあるため、会心率と強撃ビンの有無によっては、必ずしも出来るだけ高いLvを目指すべきではない場合がある。また、弱点を確実に狙える保証はないため、ダメシミュの結果では上回っていても矢強化の方が貢献する場合は十分ありえる。

これに加えて、回避の装衣を使うのか、達人の円筒を使うのか、それらの効果時間はクエストのどれぐらいの時間を占める予定なのか、そして相手にするモンスターの物理肉質と属性肉質の比率はどの程度なのか、といった具合に最適条件を見つけるのは結構難しい気がする(最適化問題っぽくて学業を思い出して辛くなった)。

 

 

このややこしさの反面、火力はほんの数%しか変動しないため、矢強化2種 + 見切りLv5 + 超会心Lv1ぐらいがだいたい実現出来る数値だ。

 

その他攻撃Lv4や挑戦者、フルチャージなどが残された火力スキルである。特に後者2つはタイムアタックの動画等で導入している例が見られるが、普通の装備を作る上ではこれらを導入している余裕はないだろう。

 

最後はスキシミュやダメシミュと相談

という以上の概論をおさえた上で、スキシミュを使うといい感じに装備を見つける事ができるだろう(投げやり路線)。というより、僕も見切りと超会心の調整を施して火力をダメシミュで出していい感じの装備だなぁと思って使っているのが実情である。

mhw.wiki-db.com

kuroyonhon.com

 

装備紹介(体術Lv5ベース)

どうしてこのスキルの並びになるのか、というのは解説したので、細かい解説はせずに内容だけ列挙する(そしてその方が使いやすいと思う)。

 

前回の装備紹介も一部参考になると思う。

www.sqexatkai.com

 

f:id:sqexatkai:20190704221251j:plain

無属性を合わせれば6つ

 

火属性

武器 : ジャナフアルカウスⅢ(会心*2 スロット*1)
構成 :カイザーγ/レウスβ/ドラケンα/レウスβ/ゼノラージγ/体術の護石 Ⅲ
発動スキル : 体術Lv5/火属性強化Lv4/弱点特効Lv3/超会心Lv3/見切りLv6/攻撃Lv1/弓溜め段階開放Lv1/会心撃【属性】Lv1 
装飾品 :体術珠*2 強弓珠*1 火炎珠*2 痛撃珠*1 超心珠*2 達人珠*2

補足:前に紹介した装備に比べると、矢強化系スキルの代わりに超会心Lv3を導入した結果、見切りのLvが向上し、結果的に全体の火力が向上している。

 

水属性

武器 : 皇金の弓・水(会心*1)
構成 :フルドレスα/ドラケンα/ドラケンα/マムガイラγ/ダンテα/体術の護石 Ⅲ
発動スキル : 体術Lv5/水属性強化Lv3/弱点特効Lv3/超会心Lv3/見切りLv5/攻撃Lv1/通常矢強化Lv1/剛射強化Lv1/弓溜め段階開放Lv1/会心撃【属性】Lv1/飛燕【属性】Lv1 
装飾品 :体術珠*2 強弓珠*1 流水珠*3 達人珠*1 強弾珠*1 散弾珠*1

補足:皇金の弓を持っている場合はこちらの方が若干火力が出るのでおすすめ。

 

雷属性

武器 : ガイラアロー・雷(会心*1)
構成 :フルドレスα/レウスβ/キリンγ/マムガイラγ/蒼星ノ将α/体術の護石 Ⅲ
発動スキル : 体術Lv5/雷属性強化Lv3/属性開放Lv3/弱点特効Lv3/超会心Lv3/通常矢強化Lv1/弓溜め段階開放Lv1/会心撃【属性】Lv1/属性やられ耐性Lv1
装飾品 :体術珠*2 強弓珠*1 雷光珠*3 強弾珠*1 開放珠*2

補足:防具の充実により前回の装備よりもスキル量が増えた。なお、強弾珠の代わりに散弾珠でスキルの選択が出来るので、重きを置く方につけると良い。開放珠*2の要求が地味に厳しい。

 

武器 : 皇金の弓・飛雷(会心*1)
構成 :フルドレスα/ドラケンα/ドラケンα/マムガイラγ/オーグγ/体術の護石 Ⅲ
発動スキル : 体術Lv5/雷属性強化Lv2/弱点特効Lv3/超会心Lv3/見切りLv5/攻撃Lv4/通常矢強化Lv1/剛射強化Lv1/弓溜め段階開放Lv1/会心撃【属性】Lv1/飛燕【属性】Lv1 
装飾品 :体術珠*2 強弓珠*1 雷光珠*2 達人珠*1 強弾珠*1 散弾珠*1

補足:若干上の装備よりも火力は劣るが、麻痺瓶強化はマルチでもソロでもそこそこ有用なため、好みで使い分けて良いと思う。

 

氷属性

武器 : 皇金の弓・風漂(会心*1)
構成 :クシャナβ/ドラケンα/ドラケンα/マムガイラγ/オーグγ/体術の護石 Ⅲ
発動スキル : 体術Lv5/氷属性強化Lv3/弱点特効Lv3/超会心Lv3/見切りLv6/攻撃Lv4/弓溜め段階開放Lv1/会心撃【属性】Lv1/飛燕【属性】Lv1 
装飾品 :体術珠*2 強弓珠*1 氷結珠*3 痛撃珠*2 超心珠*1 達人珠*2

補足:世にも珍しいクシャβ頭採用の装備。もちろん、水のような構成も可能だが、矢強化よりも会心率の上昇の方が火力に貢献した。

 

龍属性

武器 : 龍骨弓Ⅲ(会心*3)
構成 :カイザーγ/レウスβ/ウルズγ/ウルズγ/蒼星ノ将α/体術の護石 Ⅲ
発動スキル : 体術Lv5/龍属性強化Lv4/弱点特効Lv3/超会心Lv3/見切りLv7/弓溜め段階開放Lv1/会心撃【属性】Lv1/回復速度Lv2 
装飾品 :体術珠*2 強弓珠*1 痛撃珠*1 超心珠*2 達人珠*5

補足:前回の装備と比べるとカスタム強化の内容が変わっている。このカスタム強化の装備のほうが若干火力が出ることが判明した(3,4ダメージ程度)。正直前回の装備で全く問題がない。

 

無属性

武器 : ガイラアロー火(会心*1)
構成 :カイザーγ/ドラケンα/ドラケンα/マムガイラγ/オーグγ/体術の護石 Ⅲ
発動スキル : 体術Lv5/見切りLv6/弱点特効Lv3/攻撃Lv4/通常矢強化Lv1/剛射強化Lv1/無属性強化Lv1/超会心Lv3/弓溜め段階開放Lv1/飛燕【属性】Lv1 
装飾品 :体術珠*2 強弓珠*1 痛撃珠*2 超心珠*1 強弾珠*1 散弾珠*1 無撃珠*1

補足:アイスボーンβでは属性火力が低下していた。今のうちにその火力を体感、慣れておきたい人は火力据え置きの無属性弓で遊んでみるのも結構楽しい。

 

おわりに

装備紹介の記事を書いていたら、スキル考察をゆるく網羅するかなり総合的な記事になった。 僕の書いてきた弓関連記事を多数引用しているので、興味があったら読んでみてほしい。唯一触れられなかった立ち回り解説記事を紹介することで、強引に弓関連情報の総合記事みたいな位置づけにしておこうと思う。

 

www.sqexatkai.com

今回はここまで。お読みいただきありがとうございました。

 

質問・要望はこちらから

marshmallow-qa.com